メニュー
BLOGカレンダー
«  «   2017/04  »  »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
別館
最近のBLogコメント
*印のエントリは閲覧不可
Re: ゆきパパ
Can (2017/06/12)
ゆきパパ
Can (2017/06/11)
Re: ゆきパパ
Can (2017/05/23)
ゆきパパ
Can (2017/05/23)
ハウステンボス
BLOG
最新エントリ
トップ : 

2017/04/15
カテゴリ : カスタマイズ

執筆者: Can (7:47 pm)
キャンカーは、普段、出掛けることがない時は、駐車場で私の書斎と化してます。
家の駐車場では十分電源も取れるので、ビデオ鑑賞なんかで楽しんでます。
せっかくのワンルーム的なスペースなんで、快適に過ごせるように、久しぶりの快適化です。

■プロジェクタ−
今回、手に入れたのが、この格安のLEDプロジェクターです。




WIMIUS 小型 LEDプロジェクター 三脚付き 日本語説明書 無料HDMIケーブル 1200ルーメン 800*480 高画質 パソコン USB VGA タブレット スマートホン入力対応 ホームシアター シネマ ランプ (ブラック)
価格: ¥7,480

このプロジェクターは三脚の穴があり、リバース(さかさま)投影にも設定できるとのことで、価格も安いので決めました。

また、キャンカー車内に投影する壁が無いため、スクリーンは別途購入しました。

■スクリーン




UNIC ポータブル プロジェクタースクリーン 自立式床置き型 吊り下げ ホームシネマプロジェクタ用(50インチ)
価格: ¥ 5,380

投影する場所がバンクベット側であり、この位置に最大設置可能なサイズが50インチサイズでした。
また、天吊りする必要があるため、巻取り式でしかも自立できるスクリーンにしました。

バンクの下部は、横幅が狭くなっているため、スクリーンの横幅の最大サイズはこの幅(約110cm)になります。

■バンク天井へ設置


天井へフックを設置して、上から吊り下げる感じです。
普段は巻き取ってしまうので、邪魔になりません。

■プロジェクター設置場所
このプロジェクターはサイズの調整機能は無いため、投影サイズはスクリーンとの距離で決まります。
50インチのサイズで投影するには、ベントの前側あたりが丁度良い距離です。



三脚のネジ穴を利用して、ベントの化粧板上に固定しました。

■カーコンポへの接続
せっかくの大画面ですから、迫力のある音で聞きたいですよね。

もともとダイネットに専用のカーコンポとスピーカーを付けていたので、これを利用しました。
プロジェクター本体からの音とは比べ物になりません。



■DVDプレイヤー購入
今まで、PCを利用してビデオ映像を見てましたが、今回改めてDVDプレイヤーも購入しました。



リージョンフリー 高画質HDMI端子搭載 据置型 DVDプレーヤー
価格: 3,580円

■コンポ周りに設置


■プロジェクター投影


安いプロジェクターなので、比較的明るいところではあまり見えませんが、カーテンやシェードである程度薄暗くすると、問題ないレベルです。
でも、真っ暗にした方が映画館の雰囲気が味わえますね。
■シアター向けポジション


シートを全席前向きにすると、4人プラスサイドシート全てで視聴可能です。
映画館ですね!

これで、マイキャンカー・シアタールーム化の出来上がりです!

-----------さらに快適化(2017.4.20)-------------

■スピーカー交換
20数年になるJBL Contorol1を修理して、車内に既に設置してあったDENONのスピーカーと交換

<エッジ破損修復>


<車内へ設置>


天井吊り金具も保管してたので、そのまま設置。
以前より少し低い位置となりましたが、邪魔にはなりません。

■2.1CHオーディオアンプ


12v仕様なので、インバーター通さず、サブバッテリーから給電
ボリューム等調整はすべてアナログ的です。
ボリューム、高/低音調整に加え、重低音(サブウーハー側)のボリュームも独立して、低音周波数レンジも調整可能

端子はは背面のRCA端子と全面にミニジャックがあるため、スマホなどの音源も全面の端子を利用して繋げることが出来ます。

■サブウーハー設置


車内に常設しても邪魔にならない大きさのサブウーハーです
あまり出力は大きくありませんが、車内で聞く程度では十分です。

走行時はダイネットシートの前側の裏に収まります。

 
copyright