メニュー
BLOGカレンダー
«  «   2017/04  »  »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
別館
最近のBLogコメント
*印のエントリは閲覧不可
Re: N&N
Can (2016/11/11)
N&N
Can (2016/11/11)
Re: ゆきパパ
Can (2016/11/08)
ゆきパパ
Can (2016/11/08)
ハウステンボス
BLOG
最新エントリ

2016/04/11
カテゴリ : グッズ&ツール

執筆者: Can (10:03 pm)
オリジナルのキャラクターをまた3Dプリンターで作ってみました。

■まずはデザイン


■正面から・・・もちろん顔も(笑)



■3Dプリンターでで出力


名前はCan太郎です!!







■手の乗せた状態


長さが90mmぐらい、幅と高さがそれぞれ60mmぐらいです。

■デザインの前で
2010/07/01
カテゴリ : グッズ&ツール

執筆者: Can (10:50 pm)
最近はまってるのが、リラックマです。

と言っても、市販のリラックマでなく、オリジナルバージョンの
リラックマです。
しかも、キャンカーバージョン!!

もう、すでに何枚かはギャラリーへ投稿してましたが、新たに実用版が
完成したところで、公開!!

■クレソンバージョン


■クレソンJrバージョン


■ミラージュバージョン


■OXバージョン


■最新ステッカーバージョン1


■最新ステッカーバージョン2
2007/11/05
カテゴリ : グッズ&ツール

執筆者: Can (5:00 pm)
今年初めにPSP+GPSを利用したポータブルナビを自転車に積んで
走行テストを行ってから、もう半年以上が経ちます。
結局、自転車への取付けが良くないのと、GPS信号の取り込みがいまひとつ
なんで、実用には至らずに、それ以降使うことがありませんでした。

2007/2/13「GPSの活用 その2」より

※PSPに付けるGPSはPSP本体のノイズにより受信感度が劣化するそうです。
そのため、感度が悪いとの事・・・使えません!

ただ、GPSデータを利用した走行管理は、とても便利なんでそれだけは欲しいアイテムでした。

そして、今回購入したのが、一般にPND(ポータブルナビゲーション)って
名前でジャンルされる、ちゃんとしたカーナビです。
しかも、メモリーナビなのでかなりコンパクトなのが売りです。

もう数年前から、売りに出されている、B社の「迷WAN」シリーズです。
次から次へと新しい機種が出る中、今の主流はワンセグ内蔵型らしい。
しかし、一般に車では走行中運転手は見てはいけない。
こんな機能をつけたら、事故を起こさせるようなものなのである。

で、購入したのが、ワンセグの付いていないモデル。
かなりコンパクトです。



寸法は、W115.5×H80×D29(mm)、重量が195gと200gを切ってます。
しかも、このモデルの特徴は、バイクでの使用を前提としていることです。
オプションで、ハンドルに取り付けるステーや、防水ハウジングまである
ぐらいです。
と、言うことは、自転車にも当然取り付けられると言うことです。
もちろん、バッテリー内蔵なのです。
バッテリーは実際1h30m〜2hといったところでしょうか!

購入の決め手は、商品のカタログでした。

紹介では自転車に付けられている写真があった。
と、言うことは自転車に付けていいのだろう!



Canさんのブログを読む | 閲覧数 (4148)
2007/03/17
カテゴリ : グッズ&ツール

執筆者: Can (1:54 pm)
縁起物の「招き猫」シリーズのステッカー・デザインを作ってみました。
これも、車に貼るといいでしょう!

■金運に御利益ありそうなステッカー
ただ、猫の額に「星」マークつけてるだけですが、「金」という文字だけでも、効果ありそうな感じがしません?


■恋愛がうまくいきそうなステッカー
今現在、ラブラブな人も、片思いの人も、未だ独身?・・・の人も、これを貼れば、ラブラブ運に恵まれる?


■健康になるステッカー
ナースならずニャース様が、注射でなんでも直してあげます・・・みたいな感じかな?
「健康」の文字が「ひらがな」ってのは、あまりに字画が多すぎて・・・勘弁してください(笑)


安全運転ステッカー
安全運転はとても大事な事です。
このステッカーと飲酒運転ステッカーを貼れば、いいかも?
2007/03/14
カテゴリ : グッズ&ツール

執筆者: Can (6:40 am)


高速道路には、アルコールは置いてません。
これは、当然のことです。
車専用の道路ですから、運転者を主に考えればアルコールを置くことなどタブーなのです。

PAなどで、缶ビール片手に車から降りてくる運転手の姿を見られたことがありますか?
こんな光景、残念ながら実際にあるようです。

しかし、キャンピングカーから缶ビール片手に降りてくる姿。
これは、別に良く見る光景ですよね!・・・キャンカーオーナーにとっては!!

キャンピングカーの横でビール飲んで、雑談してる光景など・・・
道の駅や駐車場などでP泊すれば、良くやってますよね!

でも、キャンピングカーも乗用車と同じ車なのです。

片手に缶ビール持って、飲みながら降りてくる姿、絶対に飲酒運転なんてやらないように見えますか?

そんな特殊な車であることを知らない人が見たら・・・、
ただの商用車としか分からない人が見たら・・・、
この場に泊まるなんて思わない人が見たら・・・、

キャンピングカーって、いざという時には、居住スペースとして固定出来るので便利ではありますが、飲酒という行為がどれだけ人間を狂わすかはご存知のはずです。
その場で、キーを回せばエンジンは動くし、アクセル踏めば車は動きます。

居住スペースである前に自動車であることを忘れてはならないのです。
普通乗用車以上に飲酒運転の確立が高い分、マナーはきちんと守らなければならないと思うのです。

こればかりは、とにかく自分自信のモラルの問題だけでは済まされないです。
心がけると言うより、人間として絶対やってはならない事です!

私は、絶対に「飲酒運転はしません!
家族のためにも・・・・!

2007/02/17
カテゴリ : グッズ&ツール

執筆者: Can (10:45 am)
キャンピングカーは、どこでも泊まれる手軽さから、キャラバンなど長期に渡る滞在が可能なため、ゴミの発生が問題となります。

乗用車でも同じですが、ゴミをSAやコンビニ、野外なんかに捨てて帰る人が多いですね。

ただでさえ、注目されがちの車ですから、ゴミをどうしているのか、気になるのは当然だと思います。

うちは、後部にゴミ専用のコンテナボックスを積んでます。
必ず、ゴミを持ち帰るようにしてます。

しかし、コンテナボックスがゴミ箱に見えないので、こんなステッカーを作ってみました。

「ゴミもちカエル」ステッカー


JRVAでも同じようなステッカーを作ってますが、オリジナルのデザインでカッティング・ステッカーにしました。

■デザイン


「持ち帰る」を「カエル」に変えて、カエルがゴミを蓮の葉に乗って持って帰るというイメージです。

蓮の葉が、乗用車やキャンピングカーといったところですね。


■ステッカー完成品


・サイズは90mmの円形サイズです。

ご希望の方が居ましたら、連絡頂ければ、格安にてお作りします(笑)

これを貼ってキャンパーとして、マナーアップに努めましょう!


■黒バージョンも出来ました



■ご希望の方は、メールにてご連絡下されば、対応いたします!
2007/02/13
カテゴリ : グッズ&ツール

執筆者: Can (7:51 pm)
今日も、PSP+GPSを持ってチャリで出かけてきました。


このGPS、やはりただ者ではないことが判りました。
軌跡がデータとして残せるということは、データをうまく活用すればいろいろな分析が出来るわけです。

今回、この「MUPLUS」で取り込まれたデータを別ソフト「カシミール」で読み込む方法があったので、試してみた。
この「カシミール」、フリーソフトながら、かなり高度な地図ソフトである。

この中で、読み込んだデータ(トラックデータ)を編集する機能があり、編集モードにすると、この機能だけでデータの分析が出来ることが判った。

PSPに搭載された「MUPLUS」にて取得されるデータは、以下のデータです。

(1)緯度
(2)経度
(3)標高
(4)標高差(m)
(5)時刻
(6)時間差(s)
(7)距離(km)
(8)方位(度)
(9)速度(km/s)


これは、位置と時間以外は、ほとんどが計算されたデータだろう。

これで、グラフ表示が自動で出来るのだ。

■分析グラフ その1
【横軸:距離(km)、縦軸:標高(m)】


このグラフで、チャリで走ったルートの高低差がわかり、このコースの難易度が示される。
結構アップダウンがあるように見えるが、計測精度の問題もあるので、小さな動きは無視した方がいいようです。
このグラフから、走り始めは、比較的下りが多いですが、中盤ぐらいと後半に登りがあるのが判りました。

■分析グラフ その2
【横軸:時間(実時刻)、縦軸:速度(km/h)】


このグラフで自分のペースが掴める。
どれぐらいの速度で走っていたか、全て判ります。
途中速度が落ちてるところがありますが、ここは海で停車してたところです。
後半は、少し速度が上がっているようです。

■分析グラフ その3
【横軸:時間(実時刻)、縦軸:ペース(km/h)】


このグラフは、上の速度と似てますが、速度のペースを示したもので、ペースが落ちると、下がってきます。
真中のペースが落ちてるのは、海で停車していたときのものです。

こうして、今回データを分析してみると、トレーニング器具としてもりっぱなマシンであることを確信しました。

これを使えば、カーナビというより、トレッキングやサイクリング、トレーニングにも充分活用できそうです。
2007/02/12
カテゴリ : グッズ&ツール

執筆者: Can (10:12 pm)
今回ハウステンボスへは、PSP+GPSをもって行きました。
何をするかと言うと、決してゲームではありません。

HTBはとにかく広いです。
TDLの約2倍はあります。

この中を散策するのですが、初めの頃はどこをどう歩いたか、判らなくなることもしばしばありました。

で、今回HTBへ行ったついでに歩いた軌跡を地図上で表してみようということにしました。

時間にして、約1時間半。
規則記録中は、HOLDモードで、画面の表示は消えた常態です。


■GPSのセット

とりあえず、PSPは持ち歩いても見る必要がないので・・・
地図上に何も表示されません。
なぜならHTB内は地図に登録されてないからです。
つまり、緑色のままで何もありません。

なお、PSPは起動し、「あしあと記録」モードで、ポケットに入れて歩き回りました。
GPSの感度は、ポケットに入れても問題ないようでした。

■あしあと結果

軌跡を表示した画面ですが、このように赤の点だけなので、よくわかりません。

■MAPLUS(移動ログ表示)

MAPLUSサイトにある移動ログ表示機能を使って、データログをアップロードすると、ご覧のようにいくらか見れるような地図になります。

まあ、地図上に詳細な道が表示されてないので、あまり参考にはなりませんが、まあ面白いかなぁというところです。

なお、帰りの車内でも画面を消した状態で、記録したみたところ、約3時間半ぐらいバッテリーが持ちました。
つまり、記録だけだったら、5時間以上は持つようです。
2007/02/09
カテゴリ : グッズ&ツール

執筆者: Can (3:08 pm)
キャンプグッズではないが、お役に立てそうなものを購入しました。

いまさら、PSPと言いたいとこですが、ゲームするために買ったわけではありません。

■PSP+GPS


色は、シルバー!
GPSユニットは、アンテナ面が白ですが、接続部分がメッキ処理されてます。
意外と、ユニット本体は小さく幅が25mmしかありません。


なぜ、今さらPSPなの?ってことだが、ゲームをしない私にはゲーム機としての魅力はなく、メモリープレイヤーとビデオ、ネット機能で、一時は購入を検討したこともあった。
そのうち、「ipod」に物欲心が移ってしまい、PSPなんて私の脳裏上完全に消え去っていた。
しかし、去年の末に発売されたPSP用「GPSユニット」
なんと、ソフト込みで1万弱なのだ。

カーナビは持っているが、カーナビは車に乗らないと使えない。

普段でもちょっと使えるという意味ではGPS携帯なんかもあるが、パケ代もかかるし、何より重要なことは、GPSは地図がメインだから、画面の小さい携帯はとてもじゃないが使いにくい。
まあ、持ち運びできるナビなんてのもあるが、その機能だけに購入するのは高すぎる。

あくまで、ナビでなくGPSということを強調したい。
ナビゲーションとして使うには、かなり厳しいものであることは、いろいろな情報からも納得済みであったし、この値段でナビを期待するのは無理と言うものだ。




■GPSでチャリンコ
今日何を試したかと言うと・・・・
チャリナビ?
いや、ナビと思ってないので、「GPS付きチャリ」


で、この端末(PSP+GPS)を使って、チャリの軌跡をどこまで追えるかというのを試したかった。
軌跡がうまく取れれば、チャリで好きな道を探して走ったあとに、帰ってどこをどう走ったかを確認できるからだ。

今日は、少し雨模様。
チャリのハンドルに取り付けるわけには行かないので、今日は起動した状態でウェアのポケットに入れて走った。
つまり、GPS受信機を背負って走ったわけである。

走行中は、画面を見れないので、帰ってからのお楽しみということで、吉とでるか凶とでるか、ワクワクしながら走った。
車道だけでなく、車があまり通らない細い道なども走ったりした。

■結果・・・・・


おお〜〜〜〜!予想外の能力発揮!!!
写真にあるように、見事に走ったコース全部の軌跡を記録していたのだ。

このソフト、データをメモリーに記録するので、このデータを使ってメーカー・サイトにある「あしあと(移動ログ)を地図表示」機能により、詳細な地図上に軌跡を表示させることができるのです。
写真のように見事に周回コースの軌跡を描いてくれた。

精度は、あまり期待してなかったが、なかなかいいところいってるようですよ。

性能から、あまり速度が遅いと計測誤差がでるようなので、徒歩よりチャリの速度程度がいいように思われる。

これだと、キャンプ場なんかでも楽しめそうです。
チャリとGPSでオリエンテーリング・・・なんて!

あとは、地図ソフトがあまりにもしょぼいので、それなりのソフトの発売が楽しみですね!

 
copyright