メニュー
BLOGカレンダー
«  «   2018/06  »  »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
別館
最近のBLogコメント
*印のエントリは閲覧不可
Re: ゆきパパ
Can (2018/05/01)
ゆきパパ
Can (2018/04/30)
Re: N&N
Can (2018/02/11)
N&N
Can (2018/02/11)
ハウステンボス

2017/12/10
2017.12.09〜10萩阿武川温泉CCC忘年キャンプ
カテゴリ : お出かけ
執筆者: Can ()
FBグループの山口での忘年会へ参加してきました。
山口県の萩にある阿武川温泉に併設しているキャンプ場です。
今回は、天候が危ぶまれたため、バンガローを借りて屋内での会となりました。

★2017.12.09(土)
昼前に家を出発し、高速道路を美祢東JCTから小郡萩道路(無料区間)を経由して、約2時間で阿武川温泉へ到着

■阿武川温泉入口


■駐車場


■阿武川温泉施設


・温泉利用料:大人410円
・キャンプ施設利用料:大人310円
受付で施設利用料を払って、領収済の紙をフロントガラスに掲げておきます

今回は、「とんがりぼうし」という簡易バンガローを借りましたので、別途その施設利用料が発生します。

到着早々、先に付かれた方は既に温泉に行ってるって事だったので、私も直ぐに行きました。

■遊具のある芝生広場


ここにテントを張るようになります。
今回は、バンガローメインだったため、テント、ロッジは設営しませんでした。

■阿武川


真横に川が流れており、ここではカヌーの選手が練習をしていました。
夜になるとダムからの放水が始まりますので、水笠が少し増えるようです。

■簡易バンガロー「とんがりぼうし」




見てのとおり、屋根がとんがってた形をしており、屋内は大人20名ぐらいは入ることが出来、もちろん寝具も揃っているので寝ることも出来ます。

■トイレ


横には、とんがりと同じデザインのトイレがあるのでとても便利です。

■屋内




寝具、座布団はもちろんのこと、冷蔵庫や食器類、炊飯器、カセットコンロ、、エアコンも完備してます。
また、上は周囲を1週できるロフト型の通路があり、そこでも寝ることが出来ますが、昇降にははしごが必要となります。

今回の食事は、まとめて準備して会費制にしましたので、それぞれ持ち寄る必要がないので、楽でした。

しかし、ここはカメムシが多いので要注意です!

■鍋の材料


ヘルシーな鍋です。
お仲間の方に準備から調理までやって頂きました。

■お寿司


■お肉(翌朝食べました)


■食材を並べたところ


決行、豪華な食材が食べきれないほど並んでます。
これで大人11名、子供6名分です。
ちょっと食材がオーバー気味です!

夕方6時から乾杯とともに宴会開始です。
部屋の中は、エアコンに加えストーブを2台持ち込んでいるので、とても暖かいです。

■焚火タイム




夜になったところで、少しづつお外へと流れて行き、そのまま焚火タイムです。
予報の強風もまったく外れ、雨も降っていないため、焚火には最高のコンディションです。

■牡蠣焼きタイム




大粒のプリプリの牡蠣を焚火を囲みながら食べ始めました。
屋内での食事がかなり多かったので、屋外で少しお腹を空かせつつ、焼き開始です。

そのまま、日付が変わったあたりでお開きとなり、各自キャンカーへと戻りました。
1名はバンガローにて就寝です。

★2017.12.10(日)

翌日は7時前後にぼちぼち起きだし、皆さんで朝食タイムです。

■鍋の残り


たくさんの鍋だったので、翌朝も食べました。

■ステーキ


前日は、お腹いっぱいで食べれなかったので、贅沢に朝食に出しました。

■翌朝、上空から撮影


食後、皆さんでお片付けをして、チェックアウトの10時には事務所へ鍵を返して、しばらく談笑!

11時には施設を出発し、13時に帰宅。

(車中泊221泊目:ミラージュ103泊目、走行距離250km)
Canさんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (160)
 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿する
お名前
コメント url email imgsrc image code quote
サンプル
bold italic underline linethrough   


 [もっと...]
 
 
copyright