メニュー
BLOGカレンダー
«  «   2017/05  »  »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
別館
最近のBLogコメント
*印のエントリは閲覧不可
Re: ゆきパパ
Can (2017/05/23)
ゆきパパ
Can (2017/05/23)
Re: N&N
Can (2016/11/11)
N&N
Can (2016/11/11)
ハウステンボス

2015/09/21
2015.9.19ポータブルトイレの設置
カテゴリ : カスタマイズ
執筆者: Can ()
我が家のキャンピングカーにはトイレを付けておりません。
キャンピングカーオーナーさんの中では、「トイレ必要派」と「トイレ不要派」に分かれますが、私はトイレ不要派でした。

基本的には、お出掛け先のほとんどの場所で、公衆のトイレがあり、休憩も兼ねて利用すれば、あえてトイレを付ける必要がなく。
何より、後処理のことを考えると、ちょっと使うのを謙遜してしまうのが一番の理由でしょう。

■車内トイレの考察

1.トイレの必要性が高いケース。
(1)小さな子供が居て、我慢が出来ない
(2)年を召した方や、頻尿(笑)の方で、トイレ回数が多い。
(3)公衆トイレが使えない(使いたくない)。
 ・和式のトイレが使え無い方(公衆トイレは洋式とは限らない)。
(4)どうしてもトイレの無い(遠い)場所に行くことが多い。

こういった条件の方は、やはりある方が便利であり、必須と言えるでしょう。

2.状況によってはある方が便利と思われるケース
(1)長距離・長時間乗られる方で、設備の整ってないエリアが多い場合
 ・海外なんかだと、このような状況は絶対ありえますので、必要な設備であることは当然でしょう。
(2)スキーや海のレジャーなんかを良くされる方
 大きな施設では整備が整っていますが、行く場所によってはトイレが遠いことや、無い場所もあります。
(3)必要以上に外へ出たくない方
ほとんどの事が車内で出来るため、車内から出ずにゆっくりしたい方は、トイレはあった方がよろしいです。
(4)天候や時間帯に左右されたくない方
大雨や大雪などで、出るのが厳しい状況や、深夜などで就寝途中で行く必要がある場合など、わざわざ外行きの恰好に着替えて出る必要もない

キャンピングカーを11年乗ってきて、特にトイレの必要性を感じず、トイレを設置するスペースを有効に活用してきた事で、収納力にメリットを感じていました。

しかし、最近の自然災害が多発している状況は、他人ごとではないような気がします。
まだ、そのような状況に遭ったことはありませんが、もし発生した場合にキャンピングカーが使えれば、何かの役に立つことは間違いありません。
その時にやはり便利なのは、トイレでしょうか。
処理は必要になりますが、それまでは普通に使えますので、とても役にたつと思います。

そこで、12年目にしてやっとトイレを付ける決心(笑)をしました。
これで、キャンピングカーらしくなったかと思います。

■ポータブルトイレ


THETFORD(セットフォード)社のPortaPotti:EXCELLENCEです。
・奥行44.8cm × 幅38.8cm × 高さ45cm
・洗浄タンク容量:15L,汚水タンク容量:21L
・水洗方式:電動、便座高さ:44.3cm
・商品説明
 世界的に有名なキャンピングカー用トイレブランドThetfordの
 PPエクセレンスは、ワンランク上のエレガンスなポータブル
 トイレ。
 高めの座面は腰掛やすく、サイドについたホルダーにトイレット
 ペーパーを収納できる。
 清水および排水タンクの水量はインジケータでご確認出来る。
 手軽に持ち運べるので場所を選ばない。キャンピングを始め、
 介護、防災用にも使用可能。
 電動タイプはスイッチを押すだけで水が流れる。排水ノズルは
 可動式で、清水タンクと汚水タンクの切り離しもワンタッチで
 できるため、後始末も簡単に行える。


■マルチルーム


設置場所はマルチルームです。
最近では出かける頻度も少なくなり、シングルでの行動がほとんどとなり、たまに家族で使用する程度なので、いつもキャンプ道具なんかを積みっぱなしにする必要は無くなりました。
また、バンクベットへ荷物を置くことで、もっとスペースを有効活用できます。
そのため、マルチルームの片づけをしてスペースを確保

■トイレ設置


マルチルームは幅が85cmあるので、奥行き45cmのトイレを設置しても余裕は十分です。
空きスペースに荷物を置くことも出来そうです。
上は十分空きがあるので、洋服も掛けられるし、簡単な棚を作って物置きにしました

■電動ポンプ付き


常に使うわけでも無いのに、このクラスでしかも電動式が必要なのかって言われそうですが、まず座面の高さがこれぐらいあったほうが良いのと、このタイプの手動式と電動式のネットサイトでの実売価格が変わらなかったためです。

■トイレマット


あまり、マルチルームの中に入ったことは無かったのですが、意外と足元が冷たかったので、マットを敷きました

■トイレットペーパー


とりあえず、専用のトイレットペーパーを購入しておきました
家庭用のペーパーに比べ、溶けやすい素材だそうです

■流水温発生器


これは、意外と安かったので付けてみました。
一人の場合は、気にすることはないのですが、友人や家族が使用する場合を考慮して付けてみました。
意外と大きな音がします。

あとは、いつ使用開始するかです・・・・・

Canさんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (440)
 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿する
お名前
コメント url email imgsrc image code quote
サンプル
bold italic underline linethrough   


 [もっと...]
 
 
copyright