メニュー
BLOGカレンダー
«  «   2018/12  »  »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
別館
最近のBLogコメント
*印のエントリは閲覧不可
Re: ゆきパパ
Can (2018/05/01)
ゆきパパ
Can (2018/04/30)
Re: N&N
Can (2018/02/11)
N&N
Can (2018/02/11)
ハウステンボス

2012/01/02
2011.12.29〜31 番外編 東京ディズニーリゾート旅行(その2)
カテゴリ : お出かけ
執筆者: Can ()
2日目はディズニーランドへ

<スケジュール>
■12/30
7:15 出発(リムジンバス)
7:35 ディズニーランド着
8:00〜20:15 東京ディズニーランド
20:15 リムジンバス乗車
20:35 ホテル着

★アトラクション関係
・プーさんのハニーハント
・ビッグサンダー・マウンテンン(FP)
・ホーンテット・マンション(FP)
・カリブの海賊

★レストラン関係
・クイーン・オブ・ハート
・グランマ・サラのキッチン


2日も天気がめちゃくちゃ良かったのですが、気温が低い上に
風が強かったため、昼前でもかなり寒かったです。

まず、入場エリアは開園前だというのに、すごい列・・・
チケットブースと入場ゲートが分かれてるのですが、凄い混雑
で、どこに並べばいいか、ちょっと不安でした。

待っている人の中には、チケットブースと間違えて、入場ゲート
側に並んでる人も居ました。


2日目も昨日買った被り物で入園!

■被り物が似合う娘その1


■被り物・・・髪飾りが似合う娘その2


入場と同時に、今回のメインアトラクションの一つ「ビッグサンダーマウンテン」
のFP取得に私が行き、「プーサンのハニーハント」の家族が並びに行きました。

■プーサンのハニーハント:ファンタジーランドエリア


■ビッグサンダーマウンテン:ウエスタンランドエリア


昼食は、ちょっと早めに「クイーン・オブ・ハートのバンケットホール」
へと並びました。
ここは、約10年前に家族で行った思い出のレストランです。

■クイーン・オブ・ハートのバンケットホール入口
映画「不思議の国のアリス」に登場するハートの女王のお城を
イメージしてるそうです。



約30分程度待たされました。

■カフェテリア


目の前においしいものが並べられてると、ついたくさん取ってしまい
そうですが、あくまでバイキング形式ではないので、ちゃんと考えて
取りましょう(笑)

■デザートは必須


メニューは、ロティサリーチキン、ガーリック風味(1,340円)&ライス、パン(200円)



ハートのハンバーグ、トマトデミグラスソース(1,280円)
ロイヤルチョコレートケーキ(400円)



ホーンテッドマンションもFPが取れたので、ここにも入りました。

■クリスマスバージョン


■シンデレラ城をバックに


■人形劇


ミッキやミニー達が、自分たちの人形を使って激をやっていた
のが面白かったです。
子供向けのイベントですね。

■ラケッティーのラクーンサルーン:クリッタカントリーエリア


■ミッキーチュトス・ゲット(300円)


■切り口がミッキー


■ウエスタンランドエリアにて


熊の置物ですが、10年前に行ったときと変わってませんでした。

■休憩中:ウエスタンランドエリア


この横にカヌー乗り場があり、反対側はウエスタンリバー鉄道が走って
ます。

■蒸気船マークトウェイン号


■ウエスタンリバー鉄道


■ポップコーン売り場にて


今回、ポップコーンをやたらと食べました。
容器を持ってると、その中に直接移してくれるようです。

■夕方近くのシンデリア城


しばらく休憩した後は、早めの夕食タイムです。

■グランマ・サラのキッチン:クリッタカントリーエリア
ちょうど、スプラッシュ・マウンテンの横あたりの洞窟の中に
あります。


■チキンドリア(900円)


■パン(160円)とコーンスープ(240円)


■夜のシンデレラ城


■シンデレラ城をバックに


ライトアップされたシンデレラ城は、とても綺麗で良かったです。

■ポップコーンケース2個目


探していたお目当ての容器が、終わり間際にやっと見つかり
2個目となるが・・・ゲット!

最後はエレクトリックパレードです。














<その3へ>・・・「東京都内編」

<その1へ>・・・「東京ディズニーシー編」
Canさんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (1009)
 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿する
お名前
コメント url email imgsrc image code quote
サンプル
bold italic underline linethrough   


 [もっと...]
 
 
copyright