メニュー
BLOGカレンダー
«  «   2017/08  »  »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
別館
最近のBLogコメント
*印のエントリは閲覧不可
Re: ゆきパパ
Can (2017/06/12)
ゆきパパ
Can (2017/06/11)
Re: ゆきパパ
Can (2017/05/23)
ゆきパパ
Can (2017/05/23)
ハウステンボス

2010/11/20
2010.11.20 バックミラーモニター&カメラ増設
カテゴリ : カスタマイズ
執筆者: Can ()
前々から付けたいもののリストに上がってはいたのですが、やっと購入して取り
付けることになりました・・・バックミラーモニターです。

バックカメラは初めから付いていて、バック時にカーナビに表示されるのですが、
カーナビの取り付け位置がセンターコンソールにあるため、見にくい。

さらに、通常走行中は、バックミラーから、かろうじて後方の窓の景色を確認する
ことは出来ても視点が高い位置ため、直ぐ後方に居る車両は見えません。

かと言って、カーナビに常時バックカメラの映像を出しておくわけにはいかないの
で、バックミラーモニターは欲しいものの一つでした。

■10.2インチ 3画面カラーモニター


いろいろと考えた挙句、3画面表示タイプを選択しました。
リアカメラは付いてるので、1画面タイプさえ購入すれば、使用できるのですが、
せっかく付けるなら、カメラを増設して、キャンカー特有の死角を無くそうかと考え
ました。

入力は4系統、1画面、2画面、3画面と切り替えが出来、それぞれに4系統の
映像入力を個別に割り当てられるので、組み合わせはかなりのものです!

4系統、1〜3画面で、全部で36通りの表示組み合わせです。

■カメラ2個購入


カメラを2台追加!
本当は、左後方用に1台あれば良かったのですが、モニターが3画面なので、
ついでに右側も付けちゃえってことで、2台購入

■モニターのカラーは大理石調


黒一色じゃ、いまいち安っぽく感じるので、大理石カラーを選択しました。
ミラーの大きさは、幅280mm、高さ100mmと、今まで付けていた、後付のミラーと
ほぼ変わりません。


早速、取り付けです!

まずは、ケーブル取り回しのため、キャブ部分の内装関係を外します。

■左ピラーとバイザーの取り外し


バイザーはネジ2箇所、ピラーはハンドルについてる化粧カバーの下に2個のネジが
隠れてますのでこの2つを外せば、ピラーカバーは外れます。
カバーはフックで固定されてるので、手前に引けば外れます。

ここは、モニターの電源ケーブルを引き回すルートです。
なるべく外から見えないところに引きたいためです。

■センターコンソールとダッシュボックス


ダッシュボックスは、下に2箇所上部裏に3箇所ネジがあります。
あとは、手前に引けば外れます。

センターコンソールは、ネジがありませんので、手前に引っ張れば外れます。
カバーの裏側には、何箇所か計装関係のカップラがありますので、それを外せば、
完全に分離できます。

ここは、モニターとカメラのケーブル関係を接続するために外しました。

■メーターカバー


右後方カメラのケーブルの引き回しは、メーターの裏側を通しました。

■ミラー用配線ケ−ブル


内張りに沿ってケーブルを通して、あまり目立たないようにしました。


次にカメラですが、本来はミラーカバーに付けるのがいいのでしょうが、カバーに
穴を開けるのがあまり好ましくないので、パイプに付けることにしました。

カメラのプレートをパイプの曲面にある程度合わせるように、ペンチで曲げ加工。
固定は、両面テープに結束バンドで締め付けです。

見栄えがあまり良くないですが、こればかりは・・・

■左後方カメラ


左側は、パイプが水平なので、プレートを縦方向に曲げるだけで、合わせられました。

■右後方カメラ


右側は、パイプがかなり曲がっているので、プレートの曲げ加工が複雑になりました。
最終的には結束バンドで締め付けてますので、劣化して取れれば、また付け替えれ
ば済むので完全固定するよりは、いいでしょう。
特にカメラが安いので、耐久性については、期待できませんので・・・
ケーブルも結束バンドで固定しているので、落下することはないと思いますが・・・

カメラ自体は、防水になってるようですが、心配なのでケーブルとカメラの付根をコーキング
しておきました。

バックカメラは、バックギアに連動して、カーナビのモニターに自動表示されるのですが、
カーナビとカメラの組み合わせによっては、カーナビから電源が供給されている、もしくは
電源の入切まで制御されているのもあるので注意!

うちの楽ナビは、カメラ映像のみ自動切換えとなっていたため、カメラ側には常時電源が供給
されているタイプでしたので、映像端子のみを分配のコネクターを使って2分配しました。


では、モニターテストです。
映像の切り替えは、全て付属のリモコンで行え、それぞれの画面ごとに4系統入力から、
すきなものを選べます。
全部同じ映像も出来ます・・・やりませんが(笑)

■1画面表示(その1)


バックカメラの映像を映し出してるところです。
初めから付けていた「カロッツェリア製のカメラ」は、ワイド画面なので真下から後方まで
かなり幅広くカバー出来ます。
そのため、走行中でも、バックミラーに近い視認性があります。

■1画面表示(その2)


キャンピングカーの左後方は、シェルが張り出してる上に、ミラーが横方向までカバー
しきれないので、かなり制限がかかります。
特に車線変更、離合時などは、覗き込んでも死角が多いので、とても危険です。

右後方カメラの映像から、かなり広い範囲を映し出せていることが確認出来ます。

横方向170度、縦方向120度というワイドレンズなため、真横方向から後方まで
カバー出来ています。

取り付け角度は、シェル部分を少し入れた状態で調整してますが、それでも真横より
少し前方部分までカバ−出来ています。

■2画面表示(バックカメラとナビ画面)


2画面表示が縦横比から言えば、ちょうどいいサイズかと思います。
通常走行時は、この組み合わせが一番使われるでしょう。

ナビ画面は、どうしても解像度が悪くなりますが、目安として表示させておくだけで、コンソール
のナビ画面をチラ見するよりは、安全でしょう!!

■2画面表示(バックカメラと左後方カメラ画面)


バック時は、まずこの組み合わせが1つ。
後方と左後方で、隣の車との位置を確認できます。

■3画面表示(バックカメラと左後方、右後方カメラ画面)


そして、究極の3画面で、この組み合わせが最強でしょう。
左画面に左後方カメラ、センターがバックカメラ、右画面が右後方カメラです。
画像が荒いので、最終的には肉眼で確認しますが、同時にこの3カメが見れると、車の動きや
周りの状況が確認しやすいのは確かです。

実は、これがやりたかったために、3画面タイプを購入したようなものです。
右後方カメラの使い道は、この時ぐらいですかね!!

■2画面表示(左右カメラ)


ちなみに左右のカメラだけを映し出すと、こんな感じになりますが、
実際ミラーに映し出される範囲と比較しても、かなり広いことが
判ります。

左ミラーの実像


右ミラー実像



■ミラー機能としては


キャンピングカーのバックミラーは、後部座席の人を見るしか役に立たないので、あまり
ミラー機能は必要ありませんが、ちなみに電源を落とすと、こんな感じで、ブルーミラーに
なります。

完全なミラーじゃないので、あまり役にはたちません・・・

これで、かなり運転時の快適化、安全性向上がはかれたかと思います。
Canさんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (5324)
 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿する
お名前
コメント url email imgsrc image code quote
サンプル
bold italic underline linethrough   


 [もっと...]
 
 
copyright