メニュー
BLOGカレンダー
«  «   2017/10  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
別館
最近のBLogコメント
*印のエントリは閲覧不可
Re: ゆきパパ
Can (2017/10/10)
ゆきパパ
Can (2017/10/09)
Re: ゆきパパ
Can (2017/09/10)
ゆきパパ
Can (2017/09/10)
ハウステンボス

2010/11/05
2010.11.05 FFヒーター吹出口追加
カテゴリ : カスタマイズ
執筆者: Can ()
キャンカーに付けてるFFヒーターですが、標準で2箇所の吹出口があります。
一箇所は、サイドシート下で、もう一箇所はマルチルームです。

マルチルームへの吹出しは、スキーウェアを乾燥させるのに便利なので、付けてもらいました。

■ヒーター吹出し口


しかし、サイドシートをベッド展開すると、シートの下に隠れてしまいます。

写真の左側、シート下にある二つの丸い吹出口は、置奥が走行用ヒーターのもの。
その横がFFヒーターのものになります。
一方、写真中央にあるのも走行用ヒーター用です。
つまり、走行用ヒーターは、サイドシートを展開しても、いづれかが外側に出てるので、
吹き出しには問題ありません。

FFヒーターは、一箇所しかないため、シート下に隠れれば、役に立ちません。

で、吹出口を追加することにしました。

■材料


・エアダクトΦ60(1m)
・T型分岐パイプ Φ60XΦ60XΦ60
・温風吹出し口 Φ60/45°回転式

総額、送料含めて約4000円程度。

■ダクトの確認


どこから分岐するかを考えたところ、サイドシート下にFFヒーターはありますが、
そこから伸ばすには、途中穴あけが必要となるため、マルチルームに行ってるダクト
を確認したところ、なかなかいい位置にありました。

(写真の奥に水平伸びてるダクトです)

■分岐


マルチルーム行きのダクトを切断(カッターで簡単に切れる)して、間にT字分岐パイプを!
なるべく抵抗が少ないようにと、向きを調整しました。

■吹出し口の位置決め


吹出し口の収まる部分探したところ、この場所しかありませんでした。
位置的にも、ここが最適化と思われます。

■穴開け開始


63mmのホールソーを使って穴あけです。
これで、もう後戻りは出来ません(笑)

■ダクトスペースの熱処理


このスペース上部は冷蔵庫になっているので、なるべく熱の影響を
受けにくいように断熱アルミシートを二重に貼り付けました。

■T字パイプの処理


接続部分にはアルミのテープでシールしました。
なるべく、温風が漏れないように・・・

■外した板を取り付けて完成


最後に試運転で、温風が出ることを確認。
吹出し方向が、45度の角度になっているので、回転させて、
なるべくダイネット方向へ温風がいくように調整。

これで、ベッド展開しても、FFヒーターの温風が下にこもらず、部屋に回る
ようになりました。
Canさんのブログを読む | コメント (2) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (1902)
 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2010-11-8 8:39  更新日時: 2010-11-8 8:39
 ザイッちゃん
快適化進んでますね

今年の冬は暖かく過ごせそうですね
返信

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2010-11-8 20:10  更新日時: 2010-11-8 20:10
 Can
>ザイッちゃんさん
快適化、に終わりは無いですよね〜
使ってみて、試してみて、快適化は進んでいくんですよね〜
返信
投稿する
お名前
コメント url email imgsrc image code quote
サンプル
bold italic underline linethrough   


 [もっと...]
 
 
copyright