リスト
メニュー
別館
ハウステンボス
■2006/06/10 ロードプラスの取り付け準備
2006/06/10
★(1)準備編
■1 ロードプラス本体

 ・メーカー名:IRONMAN
 ・型式:LP3(幅60mm・・・バネットのリーフと同じです))
 ・色は、「赤」でなく「白」でしたが、特に外から見えるものではないので、問題は無いです。
2 パーツ一式、工具一式

 ・パーツの確認のため、全て箱から出しボルト等の個数を調べました。
この時点では、取付プレートに不備があることは判りませんでしたが、取付の時に穴の間隔が違っていることや、小さいプレートが無いことが判り、直ぐにバンテックに問い合わせし、部品を送ってもらいました。(取付プレート、Uボルト)
輸入品にはありがちですね。

 ・工具については、リーフを伸ばしきる必要から、かなり高く上げなくてはならないため、通常のジャッキやスタンドでは無理なので、ブロックを使いました。
 ・キャンカーの重量は2〜2.5t程度ですが、安全のため4tものを使用。
 ・ボルトの締め込みが大変との情報から、ラチェットレンチ(19mm)を使いました。  もう1本はモンキーレンチです。(ダブルナット締め込みのため)
■3 ジャッキのセット

ジャッキは、後輪リーフの前側にセットしました。
(後方にスタンドを置くため)
ボトルジャッキのため、アーム操作が車体の下になり操作性が悪くなりますが、一応固定スタンドを少しづつあてながら、上げていきました。

■4 ジャッキアップ

タイヤが浮くぐらいまで上がったら、後部の固定スタンドをギリギリまで上げます。(最大までセット)
スタンドはフレームに直接当てました。
この状態でリーフは完全に伸びきった状態になります。

■5 固定スタンドの設置

今回は、操作性を良くするため、両輪同時に上げました。
やはり、下にもぐる場合は、固定スタンドは必需品です。
このあと、ジャッキは、作業側に固定した状態にしておきます。
さらに、デフの下にもう一つブロックを置き、万が一の際にブロックにデフが載ってくれるようにしてます。
(万が一:地震や故意に揺らされたりとか)

ジャッキアップしなくても人間一人がギリギリ入るスペースがありますが、作業は出来ません。
所用時間:ジャッキアップ〜スタンド固定 約20分
★ロードプラス  ★準備編  ★取付編  ★走行レポ

前のページ
■2006/06/10 ロードプラスの取り付け
コンテンツのトップ 次のページ
■2006/06/10 ロードプラス
 
copyright