リスト
メニュー
別館
ハウステンボス
■2004/12/09 FFヒーター用タイマー取付け
2004/12/09
ベバストFFヒーターには、オプションで「デジタルタイマー」がある。
このタイマー、基本的には「ON」タイマーであり、切れる時間を設定することは、出来ない。
家庭用ファンヒーターと同じような考え方で、スイッチが入ったあと約2時間後(変更可能)に自動で切れる仕様になっている。

■写真1:取付け位置
 どうしても後付になると配線の関係もあり、壁面の加工などが必要となって、あまり仕上がりは期待出来なかったが、とりあえずなるべく高い位置につけてもらうように依頼した。
 出来上がりを見ると、さすが職人さん、とても綺麗に取り付けてくれていた。
 場所は、希望通り高い位置(子供にあまり触れないよう)に設置ということで、リアエアコン吹き出し上辺りに取り付け、配線を全て内部に隠していただいた。
 また、憎いことにタイマー周りにシート生地と同じ枠を飾りで付けてあった。

■写真2:パネルの表示
 液晶画面上は、通常は何も表示されていない。
 何れかのスイッチを押すと、デジタル表示部とスイッチ類に照明が付く。
 スイッチは、左から「タイマーSW]「プログラム」「ヒーターSW」「DOWN設定」「UP設定」となっている。

 写真は「ヒーターSW」を入れた状態であり、停止までの時間が表示される(初期状態で120分)

 機能としては、タイマー「ON」時間を最大3個まで設定できるプログラムがあり、目覚ましアラームも設定が出来る。

 ヒーター運転時間は10分〜120分の間で1分間隔で設定でき、運転直後は120分に設定される。
 これは、家庭用ファンヒーターと同じような考え方のようで、運転に入っても、安全対策のため最大120分で切れるしくみのようです。
 寝る前に停止時間(何分後)を設定すれば、おやすみタイマーだ!

 また、連続(手動運転)で運転可能な様、「連続運転SW」も別途付けられていた。

■写真3:照明ON状態
 照明は、SW類を触ると、自動的に点灯するが、しばらくすると消灯する。
 真っ暗な中でSWの位置が判るよう、「照明点灯SW」も別途付けてくれていた。

 かなり取付けに工夫をしてくれているようで、ビルダーのナッツには、感謝感謝です。

それで、実際にタイマーのテストを行ってみた。
設定を1分後の時間に設定して、待つこと1分。みごとに起動確認(ちょっと感動)
これで、スキー場での快適なキャンカー生活が味わえる。
我が家は、基本的に寝るときはFFを切ります。
そのため、まず寝る前に停止時間を設定し「おやすみ」モードで寝ます。
そして、朝はプログラムで、朝方の起きる1時間前ぐらいの時間に設定。
プログラムは3つも必要ないが、曜日の設定まで出来るようである。

後付のSWのシールは、見た目を良くする為、後日、自分で作り直します。


前のページ
■2004/12/09 リア収納扉用固定フック取付け
コンテンツのトップ 次のページ
■2004/11/17 FFヒーター取付け
 
copyright