リスト
メニュー
別館
ハウステンボス
■2005/10/01〜02 サイクリング&キャンプ「大分農業文化公園」
2005/10/02
前から気にはなっていたキャンプ場「大分農業文化公園」です。
キャンプサイトよりも公園としての広さが凄いらしく、福岡ドーム17個分の面積があるそうです。
ダムを中心に整備された公園には、レストランやいろいろな施設があり、園内をぐるっと一週すると、5kmもあるそうです。
とても、散歩程度のレベルで歩いて回るには広すぎるので、こここそチャリ積で行くのにふさわしい場所だと思い、行くことに決めました。

3週連続のお出かけですが、今回はゆっくりのんびりしようと思い、前日出発はせず、当日朝からゆっくり走ることにしました。
途中、高速を利用しても2時間〜2時間半程度で到着するので、公園に昼過ぎに着くよう朝10時出発としました。

■写真1:大分農業文化公園 東ゲート駐車場
大分農業文化公園には、途中道の駅で昼食タイムがあったので、13時半頃に到着、キャンプサイトは東ゲート側にあるため、直接ここの駐車場へ行き、とりあえずチェックインの15時まで公園で遊ぼうと考えました。

■写真2:遊具施設その1
東ゲート側、キャンプサイトの直ぐ隣にある遊戯施設です。
公園の中では、一番大きいそうです。
子供達はチェックインまでの間、ここで遊びました。

■写真3:正面ゲート駐車場
とりあえず、時間があまり過ぎてたので、一応正面ゲートにも行ってみました。
今年より、入場料が無料となりましたが、今回は暑さのせいか、人はまばら状態でした。
正面ゲート側の駐車場はかなり広かったです。しかし、車でも結構時間かかりました。




★園内を示す地図です。
とにかく広いので、地図を見ただけでは距離は掴めません。
キャンプサイトから正面ゲート側に行くのに歩きでは、ちょっときついです。
車で、一旦東ゲートを出て正面ゲートに行くのが、一番いいかもしれません。
地図左上が「東ゲート」で入ってすぐに「遊具施設」があります。
そのすぐ横がオートキャンプサイトです。炊事棟、トイレがあり、トイレはとても綺麗でした。

また、地図の下のほうが「正面ゲート」で、今回は休館になってましたが、地ビールや山香牛の肉なんかがあるレストランや花昆虫館(有料)があります。
その施設を抜けると広い芝生広場があり、右側に「遊具施設」があります。

そして、地図の真中あたりにあるのが、「オランダ風車の丘」でここから園内全体が見渡せ、うさぎの小屋があります。
ここにもまた「遊具施設」があります。



★写真1:「遊具施設その1」で綱の橋を渡ってます。この下は道路になってます。

★写真2:「遊具施設その2」正面ゲート側の遊具です。園内には3箇所の遊具がありますが、全部離れた場所にあるので、全ての遊具で遊ぶというのは歩き回るだけでも大変そうです。

★写真3:「電動トラムカー」園内を回っているので、歩きに自信が無い人は、これに乗るといいです。ただし、1回200円です。

■2005/10/01〜02 サイクリング&キャンプ「大分農業文化公園」
2005/10/02
■写真1:サイトNo.25
予約の際、比較的広い25番サイト(事前情報収集)を御願いしてましたが、今回キャンプサイト利用者が、うちを含め3組しか居ないとのことでした。
そのため、どこでもいいですと言われたものの、駐車スペースが傾斜のないサイトは、ある程度限られてましたので、迷いも無くここにしました。
ここのキャンプ場は、駐車場が左付けになってるようでしたので、オーニングの関係で前から突っ込む形です。
縦に長くなっているようなので、タープとテントは無理なく建てられそうです。
各サイトには木製の一体型椅子テーブルが設置してますが、固定してないので、大人2人で簡単に好きな場所に移動できます。
でも、椅子にはゆっくり座わりたかったので、持っていったキャンピングチェアとテーブルを使いました。
しかし、調理台兼物置代わりに利用でき、とても便利だと思います。

■写真2:夕食はパエリア
前回のHTBで食べたパエリアの味が忘れられず、生協でゲットしたパエリアセットを持ち込み作ってみました。
これ、実は前もキャンプ場でやったのですが、どうも本場の味とは違うように思い、また作ってみることにしました。
でも、やっぱり違います。おいしいのは、おいしいのですが、何かちょっとベタっとしてしまってます。


■写真3:遊具施設その3
翌朝は、子供2人を連れて、積んで来たチャリで園内をサイクリングしました。
とにかく1週5キロという距離は、とてもじゃないですが、歩きじゃ無理です。
でも、ここは園内のあちこちに遊べるスポットがあって、キャンプサイトとその横の遊具施設だけでは、物足りません。
チャリで約20分ほど走ったところに、オランダ風車の丘があり、そこに遊具施設と、動物ふれあい広場があります。
動物ふれあい広場は、うさぎが居て、直接えさをやることが出来ました。



★キャンプサイトで見た夕日。
ちょうど西の方向が開けた場所でした。
昼間からとてもいい天気でしたので、夜も満天の星を拝むことが出来ました。
ただし、今回暑かったせいもあり、「虫」が多く、かなり刺されました(ーー;)

■2005/10/01〜02 サイクリング&キャンプ「大分農業文化公園」
2005/10/02
■写真1:サイクリング
今回の目的の一つ、サイクリングです。
この広い敷地をチャリ無しでは、無理だろうとチャリを積んで行ったものの、到着当日は暑さのため、子供を連れてのサイクリングは断念しました。
(そのかわり、自分ひとりで下見には走りました。)
翌朝のまだ涼しいうちに出発・・・と言っても9時になってましたが(~_~)
水辺の広場で写真を取りました。ここは、下のほう(水辺)に降りれるようになっており、釣り人が来てました。
(釣りは禁止じゃないそうです)

■写真2:釣り橋
サイクリングコースの途中には、「釣り橋」や「めがね橋」などがあり、なかなか面白いコースでした。
釣り橋は、自転車2台が通れる幅ですが、ほとんど揺れは感じませんでした。
爽やかな秋の風を全身に浴びながら、走るのってとてもいいですね。
<下に「サイクリング・ダイアリー」と「ムービー」があります>

■写真3:山香温泉「風の郷」
キャンプ場にはシャワー(有料)しか、無かったため、チェックアウト後に車で20分ほど行ったところにある、温泉へと寄りました。
大人400円、子供200円はとてもリーズナブルでした。
温泉はとても広く、露天風呂が明るくて気持ちよかったです。

昼食と重なったため、キャンプ場を出るときに炊いた「炊き込み御飯」に途中のAコープで買った惣菜をおかずにして、車内でゆっくりと食べました。


<園内サイクリング・ギャラリー1>


★写真1:サイクリング・スタート
キャンプサイトからグランド横の細い道を抜けると、ピクニック広場(芝生)へと出ます。
そこから、ダム(池)沿いを走るコースが始まります。
とても爽やかな朝の風を浴びながら走ってます。

★写真2:池沿いコース
ダムの池沿いはとても眺めがよく、池周辺の道路はほとんど坂がなく、子供でも楽に走れます。
下の娘は、なぜかピースをしながら走ってます(^.^)

★写真3:釣り橋
橋を渡っていく姿を後から撮って見ました。
釣り橋とは言っても、しっかりと石で出来てますので、とても安全です。
しかし、下はあまり見ないほうがいいでしょう(~_~)

<園内サイクリング・ギャラリー2>


★写真1:オランダ風車の丘
キャンプサイトから1周弱行った所になりますが、ここまでくればほぼ1週したようなものです。
ここも遊具施設がありますが、朝はほとんど人が居ないので、2人占めです。
オランダ風車の上に上がれば、園内全体が見渡せるので、ここは是非行っておきたいところです。

★写真2:ふれあい動物(うさぎ)
うさぎがたくさん居て、中で触ることも、餌をやることも出来ます。
まだ、朝が早かったので、入れないのかなと思っていたら、飼育員のおばさんが開けてくれて、餌も頂き、子供達はうさぎに餌をやれてご満足でした。

★写真3:トラムカー停留所
また、同じ道を戻り、トラムカーの停留所横を通り過ぎてキャンプ場に戻るところです。
サイクリングコースは一部トラムカーコースと重なりますが、あまりスピードを出さない車のようですので、とても安全です。
この、停留所は東ゲート側にあり、「キャンプサイト」と「遊具施設」の直ぐ近くにあります。


今回、初めて利用したキャンプ場「大分農業文化公園」。
キャンプ場としては、サイト数30台と少なめで、ひとつひとつのサイトは標準的サイズ、形はまばらでした。
電源は500wまでで、電子レンジなどは使えないですが(使わないけど)、まったく問題ない容量だと思います。
・サイト料:4,000円(電源含む)
・チェックイン:15時、チェックアウト:11時
・出入り口にはチェーンゲートがあり、出るときには自動で開きますが、入るときには受付の際に貸してもらうコインで開けます。
・一般入場時間を過ぎると、外部からは入れないので、それ以降はコテージかキャンプ客のみとなります。
・夜は、警備員が回っているようです。
・小動物を飼育しているので、時々発砲音を発生させてます。
・園内にゴミ箱(燃えるごみ、燃えないゴミ、カン・ビン)はありますが、なるべく持ち帰りを薦めているようです。
・サイトの芝生の一部がブロック敷きになっているため、そこでバーベQなど火を使えるようです。
・大きな遊具施設は園内に3箇所あり、全て離れてます。
・釣りOK(竿の貸出は無し)
・ペットOK(マナーをきちんと守れば大丈夫だそうです。糞の始末など)
ここは、キャンプサイトに近いところに大きな遊具施設があるので子供達にはいいのですが、これだけ広い園内に他にも所々スポットがあるだけに、動く手段がないと、楽しさは半減します。
レンタル自転車(2時間300円)はありますが、是非ともマイチャリ持参が最適かと思います。
ちなみに徒歩で一周回ると、約1時間半かかるそうです。

ここは、サイクリングを楽しむのを前提として考えた方が、いいと思いました。
あと、受付の係りの人の対応もかなり良かったです。
チェックインの際もチェックアウトの際も車まで直接来てくれました。

前のページ
■2005.10.22〜23 秋の秋吉台オートキャンプ場
コンテンツのトップ 次のページ
■2005.09.22〜25 秋のHTBパエリア旅行
 
copyright