リスト
メニュー
別館
ハウステンボス
■2005/08/14〜15 くじゅう〜長者原キャンプ
2005/08/14
サマーキャンプ第2弾は、夏の久住を楽しみに行きました。
初日は、くじゅう花公園(大分県)へ行き、ほぼ一日イベントなどで楽しみました。
今回特にキャンプ場は予約してなかったため、長者原(大分県)の駐車場で車中泊することとしました。

8/14、盆ともあり渋滞を避けるため、朝5時過ぎに家を出発。
おかげで、渋滞にまったくあわず、予定より30分近く早く到着しました。
暑さがとても気になりましたが、曇がちな天気で風もありとても涼しく感じました。

■写真1:くじゅう花公園にて
花畑で子供達を写真におさめる。
去年の夏に来たときは、たくさんのひまわりが咲いていたのですが、今年はありませんでした。

■写真2:イベント
くじゅう花公園では、去年と同様、竹馬などの手作りコーナーなどがあり、まる1日そこで子供達は遊んでいました。
去年来たこともあり、担当のおじさんが覚えてくれていたようです。
昼食は、朝早かったこともあり、11時前に園内のガーデンテーブルで、行きがけに買って行ったコンビニのおにぎりなどを食べました。

■写真3:やまなみ牧場にて
朝9時前から夕方6時頃までたっぷりと遊び、その疲れを癒すために「温泉」に行きました。
ここは、動物広場や、レストラン、おみやげ品などがあり、併設して温泉センターがあります。
大人500円、子供200円です。
盆休みともあって、かなり多かったです。
(温泉に入っている時間を利用して、持っていった炊飯器でご飯の準備をしておきました。)

■2005/08/14〜15 くじゅう〜長者原キャンプ
2005/08/14
■長者原駐車場の利用マナーの悪さ
写真は、区画サイトのあるオートキャンプ場ではありません・・・長者原の観光者用駐車場です。

温泉に入った後、今日の宿泊場所「長者原(大分県)」へと移動しました。
ここは、登山客や観光客でにぎわうポイントで周辺には温泉もあり、この時期多くの人で賑わってました。
この時期は、とても観光客が多く、ましてお盆休みなので、多いことは覚悟していましたが、観光客用駐車場がここまでキャンプ場化しているのにはびっくりしました。

マナーがどうこうの問題なんてものじゃなく、キャンピングカーはもちろんの事、普通乗用車やテントキャンパーまで駐車スペースにテントやテーブルを張り出している始末でした。
(中には横付けで数台分の駐車スペースを取っているものも)
ここまで、大勢でやられると、罪の意識は薄れますね。
時々、警察が注意に回りますが、まったく動じないありさまです。

前回秋に来たときは、ここまで多くなかったので、あまり気にならなかったのですが、まさに無料のキャンプ場でしたね。

とりあえず、空いてる駐車スペースに止めて、車内で食事をとることにしました。
食事は、レトルトのカレーで軽く済ませました。
(事前に炊飯済みです)
エントランスの扉をしばらく網戸にしておくと、とても涼しい風が入ってきて良かったです。

周りは、宴会モードでしたが、意外と照明を赤々と照らしている人は居なかったです。
確かに周りにはほとんど外灯がないので、夜は暗闇になりますから、目立ちますもんね!
一応、気を使っているのかな?

我が家は、もちろん駐車スペースは1台分に収め、オーニングも出してません。
しかし、この晩の外気温は24度前後、車内は26度と快適な夜を過ごせました。
前回の山口では、扇風機を回しても暑くて眠れなかったのに、本当に快適でした。

■2005/08/14〜15 くじゅう〜長者原キャンプ
2005/08/15
翌朝は、とても清々しく起きることができました。
外気温22度、車内温度24度で、風も多少あり、とても爽やかな久住でした。
やはり夏場はここに限りますね!

■写真1:朝の駐車場
久住山には多少雲がかかっていましたが、風のせいで雲が流れており、時折強い日差しが射していましたが、とても気持ちよかったです。

■写真2:久住遊歩道散策
我が家のお気に入りの場所でもある遊歩道を家族で散策しました。
ここに来ると毎回散策をします。
写真は、くじゅうの山々をバックに子供達を写しました。

■写真3:日田サッポロビール工場
帰りは、渋滞を避けるため、昼前に出発。
途中、休憩場所に利用できればと、帰り道にある「日田サッポロビール工場」によって見ることにしました。
意外とお客が少ないように思えました。
毎回のことだが、ここに来ると入口前のバス専用駐車場へと通してくれます。
こればかりは、キャンピングカーの役得ですね。

ただ、ここでP泊ができないので、運転手は飲めないのが、残念です。

前のページ
■2005.08.18〜19福岡ドーム&ハウステンボス
コンテンツのトップ 次のページ
■2005.08.05〜07 サマーキャンプ「秋吉台家族旅行村」
 
copyright